「GIFで印刷するには?」



インターネット上で横が途切れて印刷出来たりで、思うように印刷できない時には、
印刷プレビューで「左右の幅」や「上下の幅」の余白サイズを修正するだけで、ピッタリと印刷できる事もありますので、簡単に説明いたします。
最初に「ファイル」の「印刷プレビュー」に進んでください。実際に印刷できるプレビュー画面で確認しましょう。 ※印刷失敗を少なくしてインク代の節約にもなります。


このままでは、途切れた印刷になりますので、「2」の「ページの設定」を押して、余白調整をします。 右横の「ページ(A)」 1/1は、1ページに収まるという意味で、1/2となれば2ページにまたがった印刷になると言う意味です。


ページの設定で、上下左右の余白の調整を行います。
「ヘッダー」とは、ページの上部の部分を意味してして、ホームページなど印刷すると、ホームページ名などが印字されますが、空白にすると印字されなくなります。
「フッター」とは、ページの下部の部分で、ホームページのURLなどが印字されますが、ヘッダーと同様に空白にすれば印字されなくなります。
「余白」は、プリンターごとに、最低余白mm数がありますが、すべて「0」(ゼロ)にすれば自動的に最低余白数値に変わります。


ヘッダーとフッターと余白の設定ですべてが印刷枠内に収まりました。あとは印刷をして完了です。

※この作業ですべての印刷が綺麗に出来るとは限りません。FAXオーダーシートは、
横幅800ピクセル、縦1200ピクセル内に収めており、配布されているFAXオーダー用紙と、文字や枠の大きさを変えることなく印刷が可能となっております。 ホームページなどで800ピクセルを超える印刷の場合には、「縮小」などの設定で綺麗に印刷することも可能です。

PDF形式のFAXオーダーシートも用意してありますので、こちらもご利用下さい。PDFはページ設定不要で印刷が可能です(Acrobat Readerをご用意してください)